ドイツ

【ドイツ】プロイセンの天空の城「ホーエンツォレルン城」

2 オススメ  210 views

ドイツのお城といえばシンデレラ城のモデルになった「ノイシュヴァンシュタイン城」が有名ですが、ドイツ南西シュトゥットガルト近郊にもドイツ3大名城の1つに数えられる美しいお城があるってご存知でしたか?今回は歴史と魅力あふれる天空の城「ホーエンツォレルン城」の魅力をご紹介します!

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

スポンサーリンク

雲に浮かぶ天空の名城


出典: http://maxpixel.freegreatpicture.com/sta...

ホーエンツォレルン城はシュトゥットガルトからさらに南にある「シュヴァーベン高原」の山頂に城塞として建設され、11世紀にはすでにこの場所に城が存在していました。プロイセン王国を治めドイツ皇帝を輩出した王家「ホーエンツォレルン家」の発祥の地だと言われており、城が再建される前から「ドイツで最高の建物」と称さる美しい建物であったことがわかっています。

ドイツ語では「Burg Hohenzollern」と言い「高いツォレルン家の城塞」という意味。度重なる戦争でしばらくの間荒廃してしまいましたが、1819年にプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が再建を決意。優美な外観とホール。そして3つの礼拝堂を持つ美しい城として生まれ変わり現在までその姿を残し続けています。

写真の姿が見られるのは日の出から2時間。確率は2%とかなり厳しい条件下でしか見られませんが、霧が発生すると霧の中に山が浮かんでいるように見えるので「天空の城」と呼ばれることも…!

美しい城内を探索「城内ツアー」に参加しよう!


出典: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:...

バスやタクシーが立ち入れるのは山の麓まで。山頂までは跳ね橋で何重にも守られた坂道を登る必要があります。頑張って山頂に着いた後も2つの礼拝堂とお城の外は自由に見学ができるのですが、城内に立ち入るためには20分毎に行われている城内見学ツアーに申し込む必要があります。

言語は基本的にドイツ語(時々英語ツアーもあり)ですが、受付で申し出れば日本語のガイドブックを無料で貸し出してくれます。

営業時間20分毎(ドイツ語ツアー・日本語ガイドブック貸出あり)
料金大人 ー 12€
公式HPStandard Guided Tours - Burg Hohenzollern EN
備考ツアー中は写真撮影禁止|坂道が大変きついので体力を温存しておくことをお勧めします

黄金の美しい広間!「伯爵の大広間」


出典: http://www.germany.travel/de/staedte-kul...

青と金色の装飾が美しいこちらの広間は「伯爵の大広間」 ドイツ語では「Grafensaal」と言い、別名「祝賀会の広間」とも呼ばれているようです。柱はドイツ中部・ナッサウ名産の赤みをおびた大理石でできており、窓からはシュヴァーベン地方の美しい景色を眺めることができます。

現在は観光ツアーの他に祝賀会やコンサート。お城を所有しているプロイセン王家の末裔ゲオルグ・フリードリヒ王子のお子さんの撮影会などで利用されているようです。

まるでギャラリー!美しい「図書室」


出典: http://www.germany.travel/de/staedte-kul...

写真の部屋はなんと図書館!壁には美しい絵画が描かれ図書館というよりはまるでギャラリーのような雰囲気さえただよう空間になっています。壁画はお城やホーエンツォレルン王家に伝わる伝説や歴史的な出来事が描かれ、ここでも窓からはシュヴァーベン地方の雄大な景色を見ることができます。

王妃の愛した「ブルーサロン」


出典: http://www.germany.travel/de/staedte-kul...

王妃の為の部屋として建てられたこちらのお部屋は「ブルーサロン」ソファなどの調度品が全て青色で統一されていることからこの名前で呼ばれるようになったそうです。美しい手彫りの装飾が施された天井には金がふんだんに使われ、床は5種類の木材を寄木細工状に組み合わせ美しい模様を描いています。

金と青のコントラストが非常に素晴らしく、図書室や伯爵の大広間などと一緒に城内ツアーの見所の1つとして数えられています。

ドイツ皇帝の証「ホーエンツォレルン王冠」


出典: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:...

ツアーの最後に待っているのがホーエンツォレルン家の貴重な財宝が飾られている「記念品展示室」。かつて厨房として使われていたこの場所場所にはホーエンツォレルン王家にまつわる貴重な財宝がたくさん展示されています。

勲章の数々にルイーゼ王妃の美しいドレス。ドイツを代表する名君「フリードリヒ2世」が実際に着用した軍服やマイセン磁器の旅行セットなど貴重なコレクションなど見所はたくさんありますが…なんといっても美しく貴重なのがドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が戴冠式の際にいただいた「ホーエンツォレルン王冠」。

金のフレームにダイヤモンドとパール。そして頂にはプロイセンを象徴する「青色」の宝石である美しいサファイアが嵌め込まれています。

厳粛な雰囲気…「聖ミヒャエル礼拝堂」


出典: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:...

現存するホーエンツォレルン城の建物の中で最も古いのがこのミヒャエル礼拝堂。カトリック礼拝堂として利用されているこのチャペル。特に奥のステンドグラスは13世紀末に作られたもので、南ドイツで最も価値の高いものの1つとして数えられています。

ステンドグラスが美しい「キリスト礼拝堂」

青い天井とステンドグラスが美しいこちらのチャペルは「キリスト礼拝堂」ホーエンツォレルン城が再建された際フリードリヒ・ヴィルヘルム4世がプロテスタント教徒だった為フランスのサント・シャペルをお手本に建てられ、現在も王家の人々が祈りを捧げています。2017年に壁のタペストリーの修復が完了し城が建てられた当時の姿を再現しています。

ステンドグラスにはキリストの降臨・磔刑・復活と12使徒が描かれており、十字架や燭台はベルリン王立鋳鉄工場製。ステンドグラスの向かい側の壁にはロシア皇帝ニコライ2世が妹に贈ったマリアとキリストの絵が描かれています。

まだドイツが東西に分かたれていた際、フリードリヒ2世(大王)とその父親であるフリードリヒ・ヴィルヘルム1世の棺が安置されており現在はその跡地に棺型のモニュメントが置かれています。

歴代の国王&秘密の地下道…

大砲の近くにこっそりとある入り口は2001年に爆撃に耐えられる丸天井と貯蔵庫へつながっており、螺旋階段で下へ行くとカマゼッテと呼ばれる城の防護室へと繋がっています。同じく城の外側にはフリードリヒ大王をはじめとするプロイセン国王の銅像が建っているエリアもあり、ここがプロイセンの城だということを思い起こさせてくれます。

城内レストラン「Café Restaurant Burg Hohenzollern」

ホーエンツォレルン城の中にあるカフェレストランでは飲み物はもちろん南ドイツにいながらプロイセンの伝統的な料理を楽しむことができるのです!

なかなか南ドイツではお目にかかれないプロイセンを代表する料理「ケーニヒスベルガークロプセ」が味わえるのもホーエンツォレルン城ならでは。観光地のレストランにしては珍しく味もとっても美味しいので麓からのハイキングや観光で疲れたらぜひこのレストランで喉とお腹を潤してみてください!

営業時間11:00 〜 17:30(冬期16:00まで)
公式HPBurg-Gastronomie - Burg Hohenzollern
参考http://www.burg-hohenzollern.com/tl_files/bhz_des…

唯一の難点は”アクセス” 自信がなければオプショナルツアー利用がオススメ!

https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC-%E8%A3%85%E9%A3%BE%E5%93%81-%E9%B3%A5-%E7%8C%9B%E7%A6%BD-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9-%E5%9F%8E-%E8%A6%81%E5%A1%9E-200477/
出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%8...

魅力と見所あふれるホーエンツォレルン城ですが唯一の難点が”アクセスの悪さ”。シュトゥットガルト中央駅から在来線で2時間。さらにバス・タクシーを乗り継ぐ必要があるなど旅行初心者にはハードルの高い場所にあるのです…。

しかし最近はオプショナルツアーなども少しずつ出てきているので電車の乗り継ぎに自信のない方はこういったツアーでホーエンツォレルン城を訪れてみるのも良いかもしれません。

参考「天空の城」を訪ねる!ホーエンツォレルン城日帰り観光ツアー<軽食付/フランクフルト発> | ドイツ(フランクフルト)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

参考情報

場所ドイツ 〒72379 Burg Hohenzollern
アクセスシュトゥットガルト中央駅からIRE「hechingen」下車。そこからバスもしくはタクシー乗車。
時間10:00 〜17:00
公式HPStartpage - Burg Hohenzollern EN
参考ホーエンツォレルン城 - 南ドイツ観光案内サイト

スポンサーリンク

ホテル・レンタカー検索

この記事を書いた人

城ヶ咲

城ヶ咲

投稿者の記事一覧

トラベルライター。幼い頃から年に2回の家族旅行で日本各地を旅した後、卒業旅行のウィーン・プラハ旅行で海外個人旅行デビュー。現在はライターとして活動しつつ、国内・海外問わず旅行中。好きな旅行のスタイルは『美味しいもの』『美しい景色』『快適なホテル』が揃った個人旅行。

関連記事

  1. 青森県 津軽地方で行きたい定番&穴場スポット
  2. 【特集】季節によって様々な楽しみ方が出来る「榛名湖」に行ってみま…
  3. 大自然の神秘「蔵王の樹氷」
  4. 山中湖の花の都公園はお花好きとファミリーにおすすめ!
  5. 四川で一番賑やかな街、春熙路を満喫しよう
  6. 清水付近で富士山絶景スポットと美味しいもの情報(口コミ)
  7. 気分だけでも海外旅行!東京でヨーロッパを感じられる観光スポット7…
  8. 富士山が見える立ち寄り湯 厳選7温泉!

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 春日山城跡
  2. 光明禅寺
  3. 高知城

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
  2. レンナビ_01
PAGE TOP