特集記事

極夜を過ごそう!冬時間が長い国 厳選5カ国

0 オススメ  2,595 views

日本の冬期日照時間は、朝6時から夜6時の平均12時間ですが、北欧の冬はとても長いことで知られています。しかし、冬の極寒だからそこ楽しめる旅先は、日本では体験できないことがたくさんあることも魅力的です。北欧の最短日照時間は約3時間!朝起きても真っ暗で、何をしようか迷わないよう、時計と予定管理がとても重要です。

スポンサーリンク

レイキャビク ー  アイスランド


出典: https://cdn.content.tuigroup.com/adamtui...

レイキャビクは北緯約64度の緯度で、冬の最短時間と夏の最長時間の差が長く、地球上の最北端の首都です。

12月21日頃には太陽が午前11時22分に昇り、 午後3時29分ごろには日没します。光を祝うお祭りは、アイスランドの冬文化になっており、人々は長く暗い寒い時期を通して、様々なイベントを催します。特に、クリスマスライトや幻想的なオーロラは格別です。

参考レイキャビクの楽しみ方 | Guide to Iceland

ヘルシンキ ー フィンランド


出典: https://misstourist.com/wp-content/uploa...

年間を通して豊かな大自然の中でのアクティビティが盛んです。特に冬の時期はマイナス30度にまで下がることがあり、雪が積もります。

クリスマスシーズンから本格的な冬のイベントが開催され、ウィンタースポーツも盛んに行われています。特にスノーモービル、アイススケートやスキー、トナカイなど冬場にも見ることのできる動物との体験が若者や家族連れにおすすめです。

参考http://www.visitfinland.com/ja/kiji/yuki-no-helsi…

オスロ ー ノルウェー


出典: https://www.fjordtravel.no/wp-content/up...

ノルウェーは世界最大のソグネ・フィヨルドが有名で、全長200kmに及びます。その他にも大小の多数のフィヨルドが存在し、冬の時期はマイナス20度を下回るので、運河を凍らせます。主に、海洋産業や研究が昔から盛んなことから、海洋博物館や北海漁業により新鮮なシーフード料理が有名です。

特に冬季は、11月から本格的な寒さが訪れ、日の出時間朝8時から日没時間午後3時ごろと、段々短くなります。

参考2020年 オスロで絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

タリン ー エストニア


出典: https://thumbs.dreamstime.com/b/winter-n...

バトル三国であるエストニアの首都タリンは、世界遺産に登録されている美しい都市です。北欧の中でも、暗い冬の間でも女性が一人で歩いても大丈なほど治安が良いと言われています。

冬期間の気温はマイナス5度ほどなので、極寒が苦手な年配の方にもオススメな旅行先です。日本からは直行便がないため、乗り継ぎが必要です。

参考2020年 タリンで絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

ストックホルム ー スウェーデン


出典: https://www.stockholmonashoestring.com/w...

スウェーデンの首都は北緯約59度に位置する緯度の5位にランクされています。 暗さ寒さが長いこの時期は、特別の休日を過ごすことができます。スウェーデン全域で最も広く祝われているセント・ルシア・デイやセント・ルーシー・デーは、ヨーロッパの他の地域でも、12月13日にユリウス暦の冬至で祝われます。

スウェーデンでは、ルチアは光を意味する「ラックス」は幸運を呼ぶと多くの人から信じられています。

冬期はローシーズンにあたるため、観光客は少なくなりますが、その分ホテルや航空券の予約は取りやすいでしょう。また、北欧の家具に興味がある人にとっては、独特な家具ブランドなど買い物や、伝統的なスウェーデン料理を堪能することができるので、冬のスウェーデン旅行はおすすめです。

参考スウェーデン観光、冬もなかなか乙なものです!! : Stockholm Log

まとめ

北欧の冬は世界で最も寒い地域と言われています。その理由は特有の地形と気候、日照時間によるものです。冬期の北欧旅行は極寒をどう楽しむかという生活の知恵から、現地でしか味わえないたくさんの見どころがあります。日照時間が短いので、長期で滞在する場合は、果物や果実ジュースなどでビタミンをこまめに補給しましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Moguro

投稿者の記事一覧

海外旅行大好き!まだまだ行きたい所がたくさんあるので、情報共有できたら幸いです。

関連記事

  1. 子どもから大人まで楽しめる!関西のアスレチック特集
  2. 【特集】温泉大国ブダペスト|ハンガリーは古くから続く温泉の国
  3. 【2016年】タイのコムローイ祭りの見所を特集 日本から現地ツア…
  4. 【特集】メキシコのカラフルな美しい街グアナファト
  5. 【特集】アメリカの広大な景色をレンタカーで楽しむ方法
  6. 2017年の初詣どこにする?ここは外せない!群馬の初詣スポット5…
  7. 本栖湖から下道ドライブ 国道52号をいく!
  8. https://www.flickr.com/photos/mikrolinkblog/ ウィーン旧市街・リンク周辺のスーパーマーケット5選|オーストリア…

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. パーイ

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP