イベント情報

老若男女が楽しめる祭り 岸和田だんじり祭

2 オススメ  1,925 views

毎年9月に行われる岸和田だんじり祭には大勢の観客が見学に来られます。五穀豊穣を祈り、町中を熱い男達がだんじりを曳き回します。見所は速度に乗っただんじりを90度方向転換させて曲がる「やりまわし」です。だんじりの屋根に乗ってる大工方の踊りにも注目です。

大阪府の人気ホテル・宿泊施設

一番の見所の「やりまわし」とは


出典: http://gigazine.net/news/20120916-kishiw...

岸和田のだんじりの「やりまわし」は勢いよく走りながら、直角に曲がりそのままスピードも落とさずに曳いていきます。仕組みとしては、屋根に乗ってる大工方がだんじりを曳いてる青年団、曲がるきっかけを作る前梃子、舵取りの後ろ梃子に合図を送りそれぞれのタイミングが合ったときに、綺麗な「やりまわし」ができます。

タイミングが合わなかったら、だんじりが横転したり、電柱にぶつかってしまう事故もあります。事故を起こさないためにも祭りまえには猛練習を重ねています。

見学する際の心得


出典: http://gakusai-navi.jp/kansai/local/%E5%...

だんじりを見学にはとても注意が必要です。祭礼関係者、警察官の指示には従いましょう。見物者の安全のために誘導されることもありますが、従ってください。雨の場合は傘をさしての見学は危険なためレインコートにしましょう。

「やりまわし」が行われるとこは危ないため小さいお子様をお連れの方は注意しましょう。観覧席もありますので、ゆっくり楽しみたい方には、おすすめです。

歩きやすい靴で見学されるほうが良いです。ヒールなど、歩きにくい靴だと、こけやすく足も痛くなります。

夜の祭礼


出典: http://sangasaijiki.seesaa.net/category/...

夜の祭礼は昼の勢いとは違い、だんじりに提灯が飾られ神秘的な姿になります。

夜には「やりまわし」は行われず、ゆっくりと歩いて進んで行くため、だんじりに近づくこともできます。昼には近くで見れなかっただんじりを近くで見ると大きさに圧巻します。また、小さい子供達がだんじりを一生懸命曳いてたり、鳴り物を叩いてる姿も見れます。

長い直線で、各町のだんじりが並んでいると、提灯で灯されただんじりが見れ、その光景は感動します。

だんじりの彫り物


出典: http://gigazine.net/news/20120916-kishiw...

各町のだんじりには繊細な彫り物がされています。一つ一つが職人の手で彫られております。彫り物には、鳥獣・草木などの「花鳥物」、神話・合戦物などが彫られた「人物物」の2種類があります。

祭礼時は、だんじりの休憩中か夜の祭礼時に許可を得れたら、見られる可能性もあります。祭礼時に見れなかった場合は、岸和田だんじり会館にだんじりが展示されてますので、そこでゆっくり観察してみては、いかがでしょう。きっと彫り物にも感動します。

参考情報

場所岸和田駅近く
日程試験曳き 9月4日(日)、16日(金) 午後2時~午後4時
宵宮 9月17日(土) 午前6時~午後10時
本宮 9月18日(日) 午前9時~午後10時
公式HP岸和田だんじり祭 - 岸和田市公式ウェブサイト

大阪府の人気ホテル・宿泊施設

この記事を書いた人

ぷらんジャ編集部

ぷらんジャ編集部

投稿者の記事一覧

「ぷらんジャ」では旅行・デート・イベントにおける様々なプランを提供しています。オーソドックスなプランから遊び心の溢れたユニークなプランまで、バラエティ豊かなプランがたくさん揃っています。

関連記事

  1. 夏恒例 味園ユニバースで盆踊り!トロピカルビルパラダイスが開催
  2. 【ニュース】目指せ!お風呂芸人 今年も銭湯検定の申し込みがスター…
  3. 【ニュース】なんばグルメが気軽に味わえる屋台とハシゴ酒「星空スタ…
  4. 梅田周辺で「外国の本格的料理が味わえる」お店特集! 
  5. ヴィンテージラジカセ×カルチャー『日本発アナログ合体家電 大ラジ…
  6. 大人の夏フェス!他とは一味違う「Slow LIVE(スローライブ…
  7. 【ニュース】昨年大当たりしたホテルニューオータニのナイトプールが…
  8. いちご 淡路島で神戸の人気ホテルが企画するいちご狩りイベントが開催!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 地獄谷野猿公苑

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP