日帰りプラン

【ドイツ】世界遺産ケルン大聖堂半日満喫プラン

1 オススメ  45 views

ドイツを代表するゴシックといえばやっぱり「ケルン大聖堂」

大聖堂以外はあまり見るものがないと言われがちなケルンではありますが、北ヨーロッパ最大の大きさを誇るゴシック建築はやはり一見の価値あり!そこで今回はフランクフルトなどの他都市から日帰りで行けるケルンの観光プランをご紹介!美しい大聖堂と美味しいビールを楽しむショートトリップをご提案します!

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

スポンサーリンク

タイムテーブル

世界遺産!ゴシック建築の最高傑作


出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B1%E3%83%A...

正式名称は「ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂」といいカトリック教徒のための教会として4世紀頃に建てられました。北ヨーロッパ最大のゴシック建築として美しい姿をん残しているケルン大聖堂ですが、最初からこの姿だったわけではなくこの大聖堂は現在3代目。1248年に3回目の再建がスタートしてから600年もの年月を経て1880年に現在の姿になったと言われています。

ちなみに大聖堂再建の際モデルになったのはフランスにある「アミアン大聖堂」非常にそっくりな構造をしているのでアミアン大聖堂を訪れたことがある人は比べて見るのも面白いかもしれません。

駅前に堂々とそびえる大聖堂


出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B1%E3%83%A...

一説によると世界一駅から近い世界遺産とも呼ばれているケルン大聖堂。その噂通りケルン中央駅を出ればすぐ目の前にあるので迷う必要はまったくなし!非常に旅行者思いの世界遺産と言えるのではないでしょうか。

しかしあまりにも大きすぎて入り口周辺の広場から全容を撮影することは残念ながら難しい…。なので大聖堂と一緒に写真を撮りたい場合は後述する「ホーエンツォレルン橋」での撮影がお勧めです!

アクセスケルン中央駅 徒歩2分

バイエルン王が献上したステンドグラス「バイエルン窓」

一歩中に入ると美しいステンドグラスに囲まれた荘厳な空間が広がっています。どのステンドグラスも非常に美しく見とれてしまうものばかりなのですがひときわ目を引くのが入って右側にある5枚のステンドグラス。

これらは「バイエルン窓」と呼ばれ、プロイセンと並んでドイツ国内で影響のあったバイエルンの国王、ルートヴィヒ一世によって献上されたステンドグラスです。ステンドグラスの中にはケルン大聖堂が擁している聖遺物「東方の三博士」にちなんだものも含まれています。

大聖堂の塔に登って最大級の高さを体感

ゴシックらしい斜塔が美しいケルン大聖堂。実はこの塔の1つに登ることができるってご存知でしたか?南側にある小塔には観光客も階段を使って登ることができ、頂上からはライン川とケルンの街を一望することができるのです!

しかし、この景色を見るためには533段の階段を往復する必要があるのでチャレンジするのであれば体力が余っている前半に行うのがオススメです。

料金大人 ー 8€
備考階段のみ・歩きやすい格好推奨

恋人の聖地「ホーエンツォレルン橋」


出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B1%E3%83%A...

ケルン大聖堂のそばにありライン川をまたぐこちらの橋は「ホーエンツォレルン橋」(読み:ほーえんつぉれるんきょう)16世紀に止まっていた大聖堂の修復工事を再開させ、多額の寄付をした当時のプロイセン国王「フリードリヒ・ヴィルヘルム4世」が再建に尽力した家の名前を残そうと「ホーエンツォレルン」の名前が冠されています。

初代の橋は大戦の時に破壊されてしまいましたが、現在は歩道と新幹線(ICE)が通る鉄骨製の橋に生まれ変わりました。ちなみにホーエンツォレルン橋は恋人の聖地としても有名で、橋に名前を彫った南京錠をかけて鍵をライン川に投げると2人は永遠に結ばれるという言い伝えがあるのだとか…。

ぜひカップルでホーエンツォレルン橋を訪れる際は南京錠の用意をお忘れなく!

歩きつかれたら「Gilden im Zims」で地ビール”ケルシュ”を飲もう!

どこに行っても美味しいビールが楽しめるドイツ。しかしケルンには「ケルシュ」と呼ばれるビール大国でも一目置かれている地ビールがあるのです!

ケルシュとはドイツ語で「ケルンの水」という意味を持ち、淡い黄金色と苦味が少ないのが特徴。まるで水のようにどんどん飲めてしまうことからこの名前が付けられたようです。

ちなみに「ケルシュ」を名乗ることができるのはケルン内で醸造され、協定で決められた厳しい基準に従ってつくられたビールのみ!ぜひケルンに来たらケルシュを味わってみてくださいね!

住所Heumarkt 77 50667 Köln
営業時間11:00 〜 翌3:00
料金ケルシュ0.2ml 1.80€
公式HPGilden im Zims - Home
参考 ケルシュ入門 -意外と少ない本当のケルシュ- | ACCETORY
備考英語メニューあり

お土産も忘れずに…ケルシュを売ってる駅ナカスーパー「REWE to GO」


出典: https://de.wikipedia.org/wiki/K%C3%B6lsc...

ケルシュがお気に召したら電車に乗る前にお土産を買っておくのがお勧め!

…というのもドイツのビールは地域性が強くスーパーで売られているのは地元のブランドが中心。一歩ケルンを出てしまうとなかなかケルシュにはお目にかかることができなくなるのです。

1口にケルシュと言っても様々なメーカーがケルシュを出しているので帰って飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

住所Hauptbahnhof, Trankgasse 11, 50667 Köln, ドイツ
営業時間24時間
備考画像はイメージです

おわりに

ケルン半日ショートトリップいかがでしたでしょうか?中央駅から大聖堂までは非常にアクセスが良く、街自体も見所が凝縮されているので日帰りでもきっと満足度が高い旅になると思います!日程に余裕があればぜひケルンまで足を伸ばしてみてくださいね!

アクセス【アクセス一例】
・フランクフルト中央駅 → ケルン中央駅[ICE(新幹線)で1時間4分]
・ハノーヴァー中央駅 → ケルン中央駅[ICE(新幹線)で2時間30分]
・ブリュッセル南駅(ベルギー)→ ケルン中央駅[ICE(新幹線)で1時間50分]

スポンサーリンク

ホテル・レンタカー検索

この記事を書いた人

城ヶ咲

城ヶ咲

投稿者の記事一覧

トラベルライター。幼い頃から年に2回の家族旅行で日本各地を旅した後、卒業旅行のウィーン・プラハ旅行で海外個人旅行デビュー。現在はライターとして活動しつつ、国内・海外問わず旅行中。好きな旅行のスタイルは『美味しいもの』『美しい景色』『快適なホテル』が揃った個人旅行。

関連記事

  1. 東京から日帰りで気分転換、静岡散策|静岡観光
  2. 国道12号線を楽しむ日帰り旅行 -北海道滝川市編-
  3. 大村公園 多良丘を一周する日帰りドライブツアー
  4. 絶景を楽しめる長野県のドライブ&観光スポット ビーナスライン
  5. 倉敷美観地区 岡山を代表する観光スポットはここ
  6. 【1日で大満足】神戸を満喫!日帰りお散歩プラン♪
  7. 京都・大原の日帰り古院めぐり
  8. 【日帰り】箱根湯本プチトリップ♪旧街道と日帰り温泉

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 長浜城歴史博物館

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
  2. レンナビ_01
PAGE TOP