観光スポット特集

今がまさに歴史と近代化の交差点クアラルンプールの観光スポット

0 オススメ  616 views

現在のマレーシアは日本でいうところの高度経済成長の真っ最中ということもあり、もともとのマレー文化と隆盛を極める中国文化が交差し、日々近代化が進んでいます。中心部はモノレールやメトロなどの整備が進みどんどん便利になっていく一方、少し足を延ばせば牧歌的な風景が広がる様子は現代の日本人にとって非常に刺激的な光景と言えるでしょう。

そんなクアラルンプールで訪れるべきスポットを5つに絞って紹介していきます。

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

スポンサーリンク

今一番元気なエリア「チャイナタウン」


出典: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1...

中華系の人々が住んでいるエリア、チャイナタウンがクアラルンプール駅の北東方向に広がっています。ここでは日本ではなかなかお目にかかれない屋台のお店がお昼頃から夜遅くまで立ち並び、楽しい食べ歩きができます。

店舗型の中華料理店ではまだまだ物価が安いこともあって中華料理をお値打ちに食べることができます。マレーシアの中華料理は中国各地の料理をアレンジしたものですので、日本的な中華料理などとは少し違ったテイストになっています。普段食べているようなメニューを注文してみてその違いを楽しむのもよいかもしれませんね!

混雑しているところはスリにあう可能性もありますので気を付けましょう。

クアラルンプールのランドマーク「ペトロナスツインタワー」


出典: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1...

ショッピング街のブギッ・ビンタンを少し北に行ったところにそびえたつ二本のタワーがペトロナスツインタワーです。下層は商業施設になっているほか、周囲はKLCC公園という名前で噴水などがある広々とした憩いの場になっています。

ここの展望台はツアーなどにもよく組み込まれていて、とても人気です。そのぶん入場者数を制限しているので、休日などは午前中に整理券を取りにいかないといけないほど混雑しますので、早めのリサーチが必要です。

展望台はクアラルンプール駅、市庁舎のほうまで一望することができ、非常に雄大な景色を楽しめるでしょう。

住所Kuala Lumpur City Centre, 50088 クアラ・ルンプル マレーシア
営業時間9:00~21:00
定休日月曜日

歴史溢れる旧市庁舎・ムルデカスクエア周辺


出典: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1...

旧クアラルンプール中央駅の近くはイギリス統治時代の歴史的建造物が立ち並んでいます。大通りに面している旧市庁舎は豪華絢爛なヨーロッパ風の建物がとてもダイナミック。その向かい側のムルデカ広場は常に何かの催し物が行われており、市民の憩いの場になっているようです。

また、国立モスクやマスジット ジャメ(旧モスク)も徒歩圏内にありますので、マレーシアの歴史の流れを勉強するにはこのあたりを散策するのがよいでしょう。

住所Jalan Raja, City Centre, 50050 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア

ド級の大きさに圧倒される「ブルーモスク」


出典: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1...

クアラルンプール駅からマレー鉄道で30分ほど南下し、タクシーで10分ほどのところにあるのが、巨大な青色のモスク「ブルーモスク」です。ブルーモスクというとトルコにあるモスクが世界的に有名ですが、マレーシアのものもそれに次ぐ大きさを誇る、アジア1の巨大モスクです。内部はガイドと同行で観覧することができ(お祈りの時間を除く)、日本語ガイド・英語ガイドどちらもあります。

お祈りをする空間はまさにブルーモスクの内側で、青色のステンドグラスから降り注ぐ光と厳かで静かな空間が独特の神聖さを醸し出しています。内部は撮影が可能な場所もありますので、ガイドの指示に従って撮影をさせていただきましょう。

ちなみに基本的にモスクでは短パンで入場することはできません。長ズボンで来るのがベストですが、このモスクではレンタルの巻き布がありますので安心です。

住所Seksyen 14, 40000 シャーアラム スランゴル マレーシア

マレーシア有数のパワースポット「バトゥ洞窟」


出典: http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1...

クアラルンプール北側にある洞窟寺院で、マレー鉄道で30分ほどでアクセスが可能です。非常に長い階段を登ってたどり着く洞窟の中はひんやりとしていてクアラルンプールの暑さを忘れてしまいそうになります。洞窟の奥には天井に穴が開いていて本殿に日光が差し込み、幻想的な風景を作り出します。

住所Batu Caves, 68100 Batu Caves, スランゴル マレーシア

スポンサーリンク

この記事を書いた人

mtmt

mtmt

投稿者の記事一覧

時間を見つけて国内外を旅し、写真に収めるのが趣味です。旅行は一人一人目的が違うものですから、一人でも多くの人に参考になるような情報をお伝えします!!

関連記事

  1. 地元民が教える弘前市周辺のデートスポット
  2. 【特集】地獄のぞきに行ってみよう|千葉県
  3. 大自然の神秘「蔵王の樹氷」
  4. ありえない珍風景が集まる国コロンビア おすすめ観光地を紹介
  5. 台北・九份を思いっきり楽しむ方法!「千と千尋の神隠し」の雰囲気を…
  6. 札幌には自然がたくさん!自然を満喫出来るスポット3選
  7. 盛岡で行きたいカップルで楽しめるデートスポット
  8. 【特集】世界最大の城『プラハ城』を冒険しよう!|チェコ

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. オランダ広場

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP