2泊3日プラン

マレーシアの楽園 レダン島!アクセスからおすすめの楽しみ方まで!

0 オススメ  545 views

マレーシアのリゾートといえば、ペナン島やランカウイ島が有名ですが、ここレダン島には、東南アジアで1、2位を争うほどに素敵な海があるのをご存知でしたか?マレーシアなのにハワイにいるかのような素敵な海でバカンスを過ごしてみませんか?

地元マレーシア人の中にもレダン島ファンが多くいますが、まだ観光客は少なめの穴場スポットです。とにかくのんびりマリンアクティビティーを楽しみたい方にオススメです。
(ただし、10月から3月はモンスーンの影響で、島全体がクローズしてしまいますのでご注意ください。ベストシーズンは6〜8月です。)

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

スポンサーリンク

タイムテーブル

1日目

午前 クアラトレンガヌ空港からレダン島へ移動
午後 シュノーケルorマリンアクティビティ

2日目

午前 マリンパーク
午後 シュノーケルorマリンアクティビティ

3日目

午前 シュノーケル
午後 レダン島からクアラトレンガヌ空港へ移動

レダン島へのアクセスは・・・


出典: https://www.lagunaredang.com.my/gallery....

  • 目安時刻・・・午前中にクアラトレンガヌ空港に到着、お昼過ぎにはレダン島に到着

レダン島はマレー半島の東海岸にある小さな島で、日本から直通で行くことはできません。日本からクアラルンプール国際空港に着いたら、そこから国内便に乗り換え、クアラトレンガヌ空港へ向かいます。飛行機で1時間で到着します。(午前中にクアラトレンガヌ空港に到着する便で行けば、午後はめいっぱいレダン島で海に潜ることができます)

次に、クアラトレンガヌ空港から船乗り場へ向かうのですが、船の出発時刻は決められていますので、タクシーで行くかホテル専用のバスで行くか前もって決めておくとよいでしょう。

また、船乗り場はShahbandar jettyとMerang jettyの二ヶ所ありますが、大抵の人は空港に近いShahbandar jettyからレダン島へ向かいます。空港から30分ほどで船乗り場に着きます。

不安な方は、空港から船乗り場までのバス、レダン島までの船、移動全て込みのパッケージを用意しているホテルがありますので、そちらを利用されるとよいでしょう。このパッケージがあるおすすめホテルは後ほどご紹介します。

さて、船に乗って1時間ほどでいよいよレダン島に到着です。 1時間の船旅の間、海の色がどんどん変わっていくことに期待が高まります。船から降りれば、目の前に広がるキャンディのようなエメラルドグリーンの海に感動すること間違いなしです。

ホテルにチェックインしたら、さっそくシュノーケルセットを受け取り、着替えて海へ向かいましょう!

レダン島に着いたら・・・

  • 目安時刻・・・1日目 午後〜3日目 午前

青空、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜のコントラストは、息をのむほど美しいです。白浜を歩いて海に近づくと、潜らなくてもすでに魚が泳いでいるのが見えます。膝ほどまでの浅い所でも、魚に囲まれます。

海岸線を歩いて移動できるのですが、時間帯と場所で、会える魚が違います。ベビーシャークが見れるスポットがありますので、ホテルで尋ねると教えてもらえます。目の前をベビーシャークが颯爽と泳ぐ姿は、かっこいい!としか言いようがありません。「ここにベビーシャークがいるよー!」とみんなに叫びたくなります。

また、乾パンを安く売っていますので、それを手に入れることもオススメです。(ホテルの朝ごはんでパンを持って帰る人が多かったことに納得です)水着のいたる所にパンを隠して潜ってしまいましょう。こぼれたパンを追いかけて魚たちが後をつけてくると、自分も魚になったような気分になります。

水面にポイっと投げれば、瞬く間に魚に囲まれます。あまりにもたくさんの魚が来るので初めはびっくりしますが、色とりどりの魚たちがかわいくて、時間を忘れて何時間でも泳げてしまいます。

水の透明度が高く海底の砂が白いため、水中でも太陽の光を受けてきれいな写真が撮れます。水中カメラや防水のスマホケースを持参することをお勧めします。また、日中は砂浜がとても熱くなり、海の中はサンゴ礁が多いですので、怪我をしないためにも履いたまま泳げる靴があるとよいです。

マリンパーク


出典: http://redangisland.co/index.php/marine-...

  • 目安時刻・・・マリンパークおすすめは2日目午前

レダン島に来るほとんどの人は、マリンパークを訪れることを楽しみにしています。マリンパークとは、マレーシア政府によって海洋研究のために取り分けられた海域で、観光客向けにシュノーケルやダイビングなどのマリンアクティビティを提供しています。魚とサンゴ礁の数は他を圧倒します。ここが研究のために選ばれるのも納得です。

レダン島のホテル代にマリンパーク行きの船代が含まれていることがほとんどですが、別途入島料RM5(150円ほど)が必要です。レダン島行きの船に乗る前のクアラトレンガヌの船乗り場で、マリンパーク入島料を支払うカウンターがありますので、そこで済ませておくのが1番わかりやすいです。

サンゴ礁の周りでたくさんの熱帯魚を見ることができますので、サンゴ礁からサンゴ礁へと泳ぐとさまざまな種類の熱帯魚に会えます。パンは忘れず持って行きましょう。忘れられない景色が見られること間違いなしです。

おすすめのホテルは・・・ラグーナレダンアイランドリゾート!


出典: https://www.lagunaredang.com.my/...

おすすめのホテルは、ラグーナレダンアイランドリゾート。アジアの趣を感じさせるロビーは解放的で、海を眺めながらいただくウェルカムドリンクがすーっと体にしみ込んでいきます。

プライベートを大切にしたい方へのおすすめはコテージタイプの部屋です。目の前には絶景が広がります。夜は波の音を聞きながら眠ることができます。部屋のバルコニーで、波の音を聞きながら海風にあたっているだけでも、幸せな気分にひたることができます。

バイキングは、マレーシア料理、西洋料理がとても充実しており、フルーツ、スイーツの種類も豊富です。(食べ物を求めて、リスがちらりと顔を出すかも)夜はライトアップされたビーチ沿いのバーで、ライブが開催されます。

宿泊中はプールサイドにあるカウンターで、海で使うバスタオルを借りることができますので、家からかさばるタオルを持っていく必要はありません。

また、こちらのホテルは宿泊客専用のバス、船を持っていますので、クアラトレンガヌ空港〜レダン島移動のための往復のバス、船込みのパッケージを選択できます。ホテルの予約の際にそちらも予約しておくと、移動の不安はなくなります。マリンパーク往復の船代もついています。

日頃のストレスは全て忘れて・・・


出典: https://www.lagunaredang.com.my/...

レダン島にあるのは、自然のみ!ショッピングモールやマーケットといったものはありません。海に潜って魚と触れ合い、マリンスポーツを楽しむことだけでなく、ウミガメツアー、ジャングル探検ツアーもあります。ジャングルツアーに参加したい方は、2日目を丸1日そのツアーにあてることができるかもしれません。

海岸線沿いに、ホテルがいくつも並んでいます。歩いていける距離にあれば、隣のホテルのバーやレストランに行ってみるのもよいでしょう。

日頃のストレスは全て忘れて、ただ自然に癒されにレダン島へ行ってみませんか?波の音を聞き海風に吹かれながら、サンセットを眺めるのは言葉にできないほど幸せな時間です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

marco☆

投稿者の記事一覧

こんにちは、marco☆です。夫婦でマレーシア在住で、年に数回ふらりと近場の国へ旅行に出かけます。マレーシアのNever mind精神が大好きで、毎日新しい発見を楽しんでいます。

関連記事

  1. お気軽シンガポール2泊3日旅行プラン
  2. 映画のロケ地タイのピピ島の美しい自然を満喫しよう
  3. ボルネオの海でエコツアーを体験 ウミガメの産卵に出会う
  4. LCCで行く2泊3日北海道ツアーをご紹介!小樽~札幌のおすすめコ…
  5. 関西から子連れで行く高知と四国と淡路島 アンパンマン好きの子ども…
  6. 今がまさに歴史と近代化の交差点クアラルンプールの観光スポット
  7. マレーシアのクアラルンプールで バタフライパーク、バードパークに…
  8. シャルロッテンブルク宮殿 歴史と芸術の街ベルリン2泊3日

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 夏目漱石内坪井旧居

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP