観光スポット特集

小田原の宿場町で歴史とグルメ散策 おすすめスポットを紹介します(口コミ)

0 オススメ  495 views

小田原は東海道の箱根越えをする手前の城下町として知られています。横長い神奈川県の西側にあり、小田原城の横を新幹線が通り、気軽にいける観光スポットとしても楽しめます。四季折々に楽しめる小田原城を中心に、歩いて散策できる場所をご紹介します!

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

神奈川県の人気ホテル・宿泊施設

小田原城

​小田原は東海道の箱根越えをする手前の城下町として知られています。横長い神奈川県の西側にあり、小田原城の横を新幹線が通り、気軽にいける観光スポットとしても楽しめます。

小田原城は戦国時代から江戸時代北条氏の本拠地であるお城〔平山城)、江戸時代には小田原藩の藩庁がありました。

天守閣は昨年改修が終わり再公開されましたが、敷地内には梅、桜、はなしょうぶ、あじさいなど春から初夏にかけては花とお城を楽しめる公園にもなっています。天守閣まで登ると、相模湾が一望することが出来ます。これも絶景です。

小田原市では天守閣を基準とした高度規制を行うことで、高い建物がないため、市内どこからでも天守閣を見ることが出来流のは「なるほど」と言う感じです。夜にはライトアップされた天守閣が遠くからも眺めることが出来ます。

余談になりますが、小田原城を攻めるときに、下にある小田原市内から気づかれないように、豊臣秀吉が一夜にして築城したとみせかけた『石垣山城」が、現在は一夜城史公園となっています。山の上から、小田原城をはじめ、市内を望むことができます。

住所〒250-0014 神奈川県小田原市城内
営業時間9:00~17:00
定休日休館日:12月第2水曜日 ※館内整理のため 12月31日~1月1日
公式HP【公式】小田原城 難攻不落の城

​ 小田原おでんに舌鼓!

​ここ、「小田原おでん」では、小田原市内有名店の練物を使ったおでんの名店。初めてのお客さまは、まずカウンターに案内されます。それは、カウンター前の大きなおでん鍋を直接みながら頼めるからです。

オススメは、土、日、祝日の12時〜14時『おでん茶飯ランチ』1300円、おでんを5品に小品合わせ、おでん茶飯、デザートがついているお得なランチです。お鍋を見てカウンターで追加もできます。おでん茶飯はおでんの汁で炊いた炊き込み御飯ですが、旨味が凝縮されていてとても美味しいです。

ただ土日、祝日のランチはとても混み合うので、出来れば予約をオススメします。開店と同時に案内されると次は1時間後くらいにしか席が空かないので、もし待つようだったら名前書いて、すぐそばにも小田原おでんで使われいる練り物屋さんなどを覗いて待つことが出来ます。

住所​ 〒250-0004 小田原市浜町3-11-22
営業時間​ 11時半〜21時 平日14時〜16時中休み 平日月曜日ランチのみ営業
公式HP
Warning: file_get_contents(http://odawara-oden.com/xiao_tian_yuanoden_ben_dianheyoukoso.html): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/slc/plan-ja.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/functions.php on line 76
http://odawara-oden.com/xiao_tian_yuanoden_ben_di…

小田原宿なりわい交流館で一休み

国道1号沿い、『小田原おでん』への路地を入る直前に小田原市がやっている『小田原宿なりわい交流館』があります。平成13年に作られ、1階を観光案内とお休み処として一般開放、2階をイベントスペースとして市民に開放しています。

この建物は関東大震災で被害を受けた建物を昭和7年に再建したもので、小田原宿のあちらこちらに残っている典型的な商家の造り(出桁(だしげた)造り)になっていて、建築的に面白い建物になっています。

お休み処では、お茶をいただきながら散策で疲れた足を癒しつつ、小田原宿の歴史資料なども見ることが出来ます。小田原箱根周辺の観光パンフレットなども置いてあるので、ここで「これからどこに行く?」と決めるのも、楽しいですね。

住所〒250-0012 小田原市本町3-6-23
営業時間(4〜10月)午前10時00分〜午後7時00分  (11〜3月)午前10時00分〜午後6時00分
定休日基本的に年中無休
公式HP小田原市 | 小田原宿なりわい交流館

小田原漁港まで足を伸ばして 小田原早川漁村村あぶりや で海鮮をいただく!

ちょっと足を伸ばして、小田原漁港に海鮮グルメのテーマパークとうたっている『小田原早川漁村村あぶりや』があります。

漁港にはたくさんの海鮮を食べるお店があるのですが、夜やっているお店は意外に少ないのです。夜までやっている、『小田原早川漁村村あぶりや』で一番人気は何と言っても、自分で選んだ40種類以上の海鮮を焼いて食べることができる醍醐味海鮮浜焼きバーベキュー食べ放題コース3,000円(税込3,240円)!牡蠣のがんがん焼き(500円)も楽しめます。

土日祝日などはグループで利用する人も多いので、時間に余裕を持って行くといいでしょう。

住所神奈川県小田原市早川1-9
営業時間0:00〜22:00
定休日年中無休
公式HP小田原で海鮮料理・浜焼バーベキューを堪能|小田原早川漁村

神奈川県の人気ホテル・宿泊施設

この記事を書いた人

めいちゃ

投稿者の記事一覧

ドライブが好きで、富士山が好きで、下道でどこまでも遊びに行っちゃいます。
美味しいもの、景色を楽しみながら、わくわくドライブ!
さぁ今週末はどこに行こう!!

関連記事

  1. 中国・河南省の不思議な観光スポット|奇妙な体験、黄河大放水
  2. 富士山が見える立ち寄り湯 厳選7温泉!
  3. 首都圏から日帰りで楽しむ日光の旅
  4. 富士山周辺で遊ぶスポット情報〔河口湖から富士宮周辺〕
  5. 盛岡で行きたいカップルで楽しめるデートスポット
  6. 【特集】近年のお城ブームに乗っかって仙台城跡へ行ってみよう!|宮…
  7. 筑前の古都 秋月への旅
  8. 言葉を失うほど美しいシャーヒ・ジンダ廟群。青の都サマルカンドの観…

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 浅草文化観光センター

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP