観光スポット特集

なばなの里 ロマンチックにイルミネーションを

0 オススメ  38 views

イルミネーションはすっかり定番のデートスポットになりましたが、全国イルミネーションランキング3年連続1位を獲得している観光スポットが、三重県にあるのをご存知でしたか?その規模とクオリティの高さから毎年200万人近くの観光客が訪れます。今回は地元民である私が、三重県なばなの里イルミネーションをご紹介したいと思います。

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

三重県の人気ホテル・宿泊施設

なばなの里 イルミネーション情報


出典: http://edition.cnn.com/travel/article/na...

毎年秋から春すぎにかけてイルミネーションとライトアップが毎日開催されています。2017年10/14から始まったイルミネーションは2018年5/6が最終日になります。

今年のテーマは「くまもとだモン!〜くまモンのふるさと紀行〜」

熊本の復興を願って、このテーマにされたようです。阿蘇、天草の自然が魅せる雄大で美しい景観や、想像を超える情景の移ろいが色鮮やかに表現されています。プロジェクションマッピングは一切使用せず、全てLEDライトでショーの演出をしているとは信じられないほどのスケールの大きさです。まるで異世界にきたようなロマンチックな空間です。また、園内では熊本のご当地グルメも味わえます。


出典: http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/...

「イルミネーションは真冬のものでしょう」と思われるかもしれません。でもなばなの里はお花のテーマパークですので、桜の時期のイルミネーションも格別にきれいなんです。夜桜とイルミネーションは最高にロマンチックです。一見の価値ありです。

春の花まつりもライトアップ開催されています。全長200mの光のトンネルは全てのライトが花びらの形でできています。今年は桜をイメージしてかわいいピンク色のトンネルがデザインされています。

長島リゾート情報


出典: http://edition.cnn.com/travel/article/na...

長島リゾートには、なばなの里、ナガシマスパーランド、ジャンボ海水プール(夏期のみ)、アンパンマンミュージアム、湯あみの島、三井アウトレットパークジャズドリーム、系列のホテルなどが含まれていて、ここで数泊して楽しむ観光客が多いです。

全て比較的近くに位置していますが、なんせ全体の敷地面積がとても広いので、長島リゾートのメイン駐車場に停めると、なばなの里は1番遠いところにあり、歩いて移動することはできません。園内の無料ピストンバスを利用するか、自家用車でなばなの里専用駐車場へ移動し直すことになります。

なばなの里に直接車で来られる方は、伊勢湾岸自動車道の「湾岸長島I.C」から15分、東名阪ご利用の方は「長島I.C」から10分です。この時間は渋滞なしの場合です。たまに渋滞がひどいとナビが手前や1つ先のI.Cに案内することがあるようですが、それには従わない方が良いです。

イルミネーション開始となる秋、冬はかなり混雑します。なばなの里専用駐車場は、なばなの里の前だけでなく町中に点在しています。ぜひなばなの里の前に停めたいと思うかもしれませんが、遠くても駐車場を見つけ次第停めてしまうことをおすすめします。昼間の早い時間から来園しパーク内で点灯式を待つという計画だと、渋滞を避けられるかもしれません。

昼間はナガシマスパーランドやジャズドリームで遊んで、夕方からなばなの里に行きたい、という方は、特定のピーク時期は長島リゾートメイン駐車場に車を停めたまま、なばなの里行き無料ピストンバスを利用できます。

バスをご利用の方は、名古屋名鉄バスセンターから「なばなの里・長島温泉行き」バスが出ています。電車をご利用の方は、「近鉄長島駅」で降りて、直通バスで10分です。ピーク時期は大渋滞しますので、電車で「近鉄長島駅」で降りて直通バスでなばなの里へ向かう渋滞迂回ルートがスムーズで便利です。

1年を通して楽しめます


出典: http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/...

去年のテーマは「アルプスの少女ハイジ」でしたが、今年は「くまもん」。予測不能なテーマで、来年も期待が高まります。毎年秋ころからまた新テーマでイルミネーションが始まります。イルミネーションが終了しても、ベゴニアガーデンや、四季折々の植物、温泉、展望台など通常通り楽しめます。

イルミネーションの時期だけでなく、1年を通して催し物が開催しれていますので、ぜひ足を運んでみてください。

参考情報

公式HP営業時間・料金 |なばなの里 イルミネーション

三重県の人気ホテル・宿泊施設

この記事を書いた人

marco☆

投稿者の記事一覧

こんにちは、marco☆です。夫婦でマレーシア在住で、年に数回ふらりと近場の国へ旅行に出かけます。マレーシアのNever mind精神が大好きで、日本ではありえないことが起きても多少のことなら話のネタに笑いとばせるようになってきました。ぜひこちらのゆるーい空気をお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. ハノイの歴史・生活・珍風景!おすすめ観光スポット|ベトナム
  2. 今がまさに歴史と近代化の交差点クアラルンプールの観光スポット
  3. 【鹿児島】指宿に観光に来たら砂蒸し温泉に行こう!人気の砂蒸し風呂…
  4. 筑前の古都 秋月への旅
  5. タイ王国バンコク、ワットポー観光案内
  6. 成都パンダ基地へ、かわいいパンダに会いに行こう!
  7. 【長野】ローカル文化を楽しむなら道の駅!キャンプ前に立ち寄りたい…
  8. 混雑を避けたい!鎌倉の穴場観光スポット

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 赤井川村
  2. 白馬五竜スキー場
  3. えびの高原

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP