福岡県

学問の神様菅原道真公を祀る大宰府天満宮を歩く

0 オススメ  151 views

みなさんは太宰府天満宮といえば何を思いつかれますか?受験生であれば合格祈願でしょうし、学生さんであれば勉強ができるようになれる神社、また歴史好きには菅原道真公が思い浮かばれることでしょう。

太宰府天満宮は地元福岡のみならず、全国から年間850万人も訪れる神社です。今回はパワースポット、観光スポットとしても超有名な太宰府天満宮をご紹介させていただきます。

【人気の記事】RayBanのサングラス特集!! 

福岡県の人気ホテル・宿泊施設

大宰府天満宮鳥居


出典: http://yayiyuye.cocolog-nifty.com/blog/2...

まずは太宰府天満宮の参道を歩くと正面に入口の鳥居が見えます。年代はわかりませんが、かなり古い物ものです。

太宰府天満宮案内所


出典: 太宰府天満宮案内所...

太宰府天満宮の参道を抜け、古い鳥居をくぐると右手にあるのが、太宰府天満宮案内所です。太宰府天満宮に始めてこられた人はぜひ先に行く前に太宰府天満宮案内所で地図をもらい、一通り簡単なみどころやおすすめのレクチャーを受けてみてください。

また特に観光スポット巡りが不安な人には、ボランティアガイドさんがついてくださいます。案内所でボランティアガイドの受付をすれば、場内を案内してくれ丁寧でわかりやすい説明を聞くことができます。

またいろんなおしゃべりも楽しめるので、自分達だけで行くよりはボランティアガイドさんを頼んだ方がより楽しめます。もちろん無料なので安心して頼んでみてください。

また案内所には太宰府天満宮でしか売っていない、お土産も多数品揃えしています。参道で買うか、案内所で買うか悩むところですが、忘れないうちに入る前と後に寄ってみることをおすすめします。

御神牛


出典: http://s.webry.info/sp/christie.at.webry...

太宰府天満宮には様々な動物たちが奉納されていますが、その中で最も深い関係にあるのが「牛」なのです。太宰府天満宮には何か所も牛が奉納されておりあちこちに牛が地べたに身体を密着している像があります。

そもそもなぜこれほどまでに牛の像が境内のあちこちにあるのでしょうか。それは菅原道真公のお亡くなりになった後に関係があります。中央から左遷された菅原道真公は翌々年には不運な人生を閉じられます。

その菅原道真公のご遺体を乗せた牛車が北東(うしとら)の方向に向かって行列を進めていると突如動かなくなります。人々は菅原道真公の御心がここにいたいのだという思いをくみ取りその場所に遺体を葬りお墓を建て、さらにその上に社を建てることになります。

また菅原道真公が生れたのが「承和12年(845)乙丑(きのとうし)の歳」という説もあり増々牛とのご縁が深まりました。このことから太宰府天満宮では牛を神使として崇めるようになります。

太鼓橋ー平橋ー太鼓橋


出典: https://gipsypapa.exblog.jp/22706757/...

太宰府天満宮の本堂に向かうには、「心字池」という奇妙な名前の池を越えなければなりません。なぜ「心字池」という変わった名前かというと池の形が漢字の「心」の形をしているので「心字池」と名付けられたといわれています。池は藻が張っているのでしょうか、全体的に緑色で湖底が見えずに濁っています。

さて「心字池」にかかる3本の朱色に塗られた橋ですがそれぞれ名前があり、入口から始まって太鼓橋→平橋→太鼓橋となっています。この3つの橋には言い伝えがあり、それぞれ過去→現在→未来を現しています。

また渡り方にもそれぞれ特徴があります。しかも帰りは決してこの橋を逆向きから渡ってはいけないといわれており、必ず別の道を通って帰らなければなりません。

大宰府天満宮本殿


出典: https://gipsypapa.exblog.jp/22706757/...

太宰府天満宮の本殿に近づくと、とにかく人が多いことでびっくりします。普通は本殿よりも参道の方がお客さんは賑わうのですが、さすがは太宰府天満宮です。本堂周辺が桁違いに多いです。

ちなみに太宰府天満宮では、学問(詩歌・芸能・文筆)上達、受験合格、至誠、厄除の御利益がのぞめます。やはり学問の神様といわれるだけあり、勉学の向上に特化していますね。

とにかく本堂まで来るだけでも結構時間がかかります。また見どころもたくさんあります。さらに帰りには新国立競技場を設計した隈研吾さんが設計したスタバもあるので帰りには是非寄ってみてはいかがでしょうか。

住所福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
公式HP太宰府天満宮

福岡県の人気ホテル・宿泊施設

この記事を書いた人

smileman

投稿者の記事一覧

旅行が大好きなのでいろんな情報をお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. 【特集】タイ・バリの次はラオス!ちょっと違った東南アジアを味わっ…
  2. 不規則な勤務の方や学生におすすめ!福岡新門戸港からフェリーでUS…
  3. 筑前の古都 秋月への旅
  4. 小豆島に行くなら押さえておきたいオススメ観光スポット
  5. 伊東の干物と市内の共同風呂を楽しもう!(口コミ)
  6. 【島根】神秘的な泉に紙を浮かべて…女子旅にオススメ!八重垣神社で…
  7. 伊東で見る!食べる!温まる!おとな旅おすすめスポット!
  8. 【特集】札幌 中島公園|家族で楽しめる美しい自然と多彩な施設

新着コラム

最新グルメ記事

最新の特集

注目プラン

  1. 白谷雲水峡

東日本の新着プラン

西日本の新着プラン

お得情報

  1. サンシャインツアー
PAGE TOP